<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

目の前の景色が変わる瞬間…。

その瞬間は、フイに訪れました。
夜中に家内がトイレに行く、いつもの光景にやや違和感を感じ、「大丈夫かぁ?」
と、聞いてみると、「ん~…いつもよりお腹が痛い気がする…」

ん…?それは陣痛か??

いよいよ来たかと、家内は半信半疑…。
トイレから帰ってくると、やはりお腹が痛いと言う…。
痛みの感覚を様子見ていると、やはり陣痛でした☆しばらく10分間隔で痛みが来て
すぐマシになる。焦らず掛り付けの産科へ電話を入れて、前もって準備していた入院の荷物を確認
し出す。

家内はまだまだ余裕…。しかし、陣痛が来るとスゴク痛そう@@
そうこうしている内に、5分間隔に…。産科へ出掛ける☆

車中では、心配と楽しみが入り混じった会話が続き、もうスグ三人家族になるなぁ…。
二人ドライブはこれが最後やなぁ☆なんて会話をしながら、朝方4時頃の空を見ると
空気は澄んで、スカッとキレイな星空と、くっきりとした三日月。とても印象に残ってます。

そして産科へ到着☆病室へ案内され、5分間隔で苦しむ家内と荷物の整理。
次第に家内の顔が勇ましく見えてくる。女性の本能ってものでしょうか?
さっきまでの不安と心配な顔はすっかりなくなっていました。

朝日が昇り、ちょうど南東向きの病室は、朝日大好きの家内にピッタリの病室☆
霧が深かったものの、しっかり光を放つ朝日に向い思わず手を合わせました。

e0198878_21445638.jpg


二人で回った子授けの神社のお守りや、子安地蔵様のお守り、頂いた安産のお守り…
全部持って家内にしっかり持たせ、ただただ安産を…無事に産まれるコトを祈ります。

e0198878_2146303.jpg


そこから数時間、家内の痛みが和らぐコトはすべてして、その度声をかけ陣痛の波を
一つ一つ乗り越えます。
時間があっと言う間に過ぎて行き、家内の表情はドンドン疲労感に満ちてきます…。
それでも家内は、私が寝ていないコトを気遣い「仕事で疲れてるやろうし、寝てていいよ…」と、
言ってくれます。

いつもは弱々しく、自分じゃ何にも決めれんような家内をこの時ばかりは尊敬さえしました。

そこからは出来る限りのコトをやったつもりです。出産は女性の仕事…。男は何も出来ません。
それも分かって声をかけ腰を摩り、家内を思い、何か出来ないかを色々考えました。

そして、いよいよ分娩台へ…。


3月7日…午後0:00分、元気な元気な男の子出産。


初めて見る我が子の姿に緊張…。すぐさま息子は家内の胸元へ置かれました。
家内は号泣…。息子も産声を上げ、泣き叫びました。
そして、「お父さん!」…?呼ばれてもピンときません。あっ俺か!と、思い、目の前に来た息子は
号泣中…。

「初めまして、アナタのお父さんですよ…。これから、よろしくね」と、話かけると、その瞬間…

あんなに泣いていた息子がピタッと泣きやみ、目をうっすら開け何かを探すように目を動かします。
私の声が分かっているんやと、勝手に思いました。

その瞬間から私の目の前の景色が一気に変わりました。

お腹の中に居る時は、実感などあまりなかった私ですが、この瞬間から今に至るまで
ドンドン実感が湧いてきています。

息子0歳、お母さん0歳、お父さん0歳…。

こうして、我が家の新しい人生がスタートしました。
これから家族みんなで日々成長して行きたいです。そしてあの時、家内を思いやった気持ちを
忘れず、その気持ちを家族に向け、常に家族の先頭に立ち家族を束ねて、充実した人生を
送って行きたいと思いました☆


これからよろしくなぁ!!息子よぉぉ~☆

e0198878_21473350.jpg



お目にとまりますでしょうか056.gif

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
[PR]
by korori-k-a | 2013-03-12 22:38 | Comments(10)